スポンサードリンク

たるみ解消ガイドTOP >  目袋のたるみ >  目袋のたるみ

目袋のたるみ

目袋たるみの原因?
目袋たるみマッサージ
目袋たるみ解消について解説いたします。

目袋たるみの原因●

目袋のたるみの原因としては、

下まぶたの筋膜の衰えで、
下まぶたの後ろの脂肪を支えられなくなってしまうことが原因です。

結果として眼球そのものの重みによって下まぶた方向に
押し出されてくるものです。
それが目袋たるみです。

老化に伴って抵抗力を失うと、一層目袋たるみが強くなります。

下まぶたの皮膚は薄く簡単に出てくるために
たるみも生じやすくなり、
さらに影ができることで目袋、顔全体が疲れた表情になってしまいます。

目袋たるみ解消●

目袋たるみ解消として、

マッサージ
目袋たるみ取りをする方法としてあげられるのにマッサージ
目袋のマッサージで皮膚に軽い刺激を与えて血行をよくし、
その上で水分補給をしてあげると、肌の老化を抑えることができる。
これは目の下のたるみ取り、解消以外にも小じわで悩む人にも効果的。

・紫外線対策
目袋たるみは筋肉が衰え、皮膚に弾力が
なくなったために起こる老化現象のひとつですが、
紫外線を浴び続けることにより、お肌が老化します。
それが原因で目袋のたるみになってしまいます。
日焼け止めをぬる、帽子、サングラス
日中は外出をひかえるなどの
紫外線対策、防止策は目袋のたるみ解消には必須の対策になります。

・スキンケア
お肌の弾力成分であるコラーゲンが年齢を
重ねるにつれて老化し変質していくことが
原因の一つである事が分かっています。
スキンケアに気をつける事も重要です。
皮膚に弾力がなければ、筋肉を鍛えてもたるみは消えません。

・目の疲れ
目の疲れも目袋のたるみの原因になりますので
できるだけ、改善策として目を疲れないようにしましょう。

・睡眠
睡眠は、新陳代謝を活発にしますので
たくさん睡眠時間を確保すると目袋たるみ解消には良いでしょう。

目袋たるみ解消・・手術●

目袋たるみ解消として・・

下まぶたのたるみ取り(目袋たるみ改善)として、
脂肪切除法と下眼瞼切開法があります。

・脂肪除去法
下まぶたの裏の結膜側又は皮膚側からレーザーで
下眼瞼の皮下脂肪を除去して、目袋のふくらみやたるみ、
クマを除去する方法です。

メスを使用しないため、出血や腫れが少なく、
皮膚表面にもほとんど傷が残らないのが特徴です。

もちろん抜糸の必要もなく、お化粧も翌日から可能です。

・下眼瞼切開法
弛んだ筋肉の張りを戻し、余った皮膚を切り取る手術です。
目袋の下まぶたのマツゲの生え際に近いところで切開し、
眼窩脂肪を適量切除した後、皮膚切除を行い縫合します。

この方法は脂肪除去法で行う場合よりも、
目袋たるみやふくらみが著しい場合に適用となります。

スポンサードリンク

目袋のたるみ

目袋たるみの原因、解消法などをご紹介いたします。

関連エントリー

目袋のたるみ


目の下のたるみ

顔のたるみ

しわ(シワ)、たるみ

目のたるみ

頬(ほほ)のたるみ

まぶた(瞼)のたるみ

目元のたるみ

肌のたるみ

あごのたるみ

たるみ毛穴

首のたるみ

目袋のたるみ

免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。